古くなった着物や、大事にしていた着物を売るとき、いくらで買い取ってもらえるか気になりますよね。1円でも高く買い取ってもらいたいし、なるべく損はしたくないもの。

 

そこで、これから着物を売ろうと計画している人のために、着物の買取相場を調べてみたので紹介しますね。 どのお店も高く買い取ってくれるポイントは

 

  • 年数が浅い
  • しみ、シワが無く保存状態が良い
  • 着丈が長い(160㎝以上)
  • 色や柄が流行りの物、素材(正絹、麻、綿など)
  • ブランドもの(作家物、伝統工芸品)

 

など条件がありますが、無名の着物でも、素材や保存状態が良ければ予想以上に高く買い取ってもらえる見込みもありますし、ブランドものでも、劣化が目立つと安く値段がついてしまうかもしれません。

 

また、着物の種類によって相場は変わりますし、お店によってももちろん違うので、お店を選ぶことも重要ですよ。 私は以前、着物買取専門店の存在や買取相場など知らず、老舗の呉服店で仕立てた正絹の着物をうまく保管できず劣化させてしまったため、他の着なくなった着物や小物もまとめてリサイクルショップに売りに行ったことがあります。

 

二束三文で引き取ってもらった後にその存在を知った時、きちんと調べて行動すれば良かったと悔やみました。手放す前に知識はつけておいた方が損はしません。

では、着物の種類別の相場からチェック。「他店より高く買い取ってくれた」と口コミが多く、高い買い取り実績があるバイセルの買取相場を参考にさせてもらいました。 訪問着~20万円、友禅~20万円、振袖~14万円、小紋~10万円、付け下げ~8万円、留袖(黒、色)~7万円、無地~2万、紬~20万円、絞り~2万円、羽織~3万円、反物~6千円となっています。

 

浴衣は大量生産の物が多いので有名どころでないと、捨て値か買取不可になることが多いようです。汚れの程度や着丈などで変わりますが、友禅(京友禅、加賀友禅など)、紬(大島紬、結城紬、牛首紬など)、上布(越後上布、宮古上布、近江上布など)で保存状態が良く、産地などを証明する証紙や作った人を示す落款がついた着物などは高額買い取りが期待できるかもしれませんね。

 

ノーブランドの着物は相場の3/1ほど下がるそうですが、訪問着や小紋、紬などは需要が高いようで、保存状態次第でUPするかも。

続いて帯ですが、名古屋帯~12万円、袋帯~20万円、丸帯~2万円、角帯~4万円、和装小物(帯締め、カバン、草履)~1万2千円でした。名古屋や袋帯は需要が高いようで状態が良いと買い取り額UPが望めそう。着物と一緒に小物もまとめて査定してもらうのも、買値が上がるコツ。

 

まとめ 着物を高く売るには、年数が少ない物、しみ、シワがなく状態がきれいな物、着丈が長い、 色や柄、素材(正絹、麻、綿)、ブランド物(作家物、伝統工芸品)ですが、古い着物、劣化した着物、化繊やウール素材、ブランドの証紙がなくても、無名でもまず査定に出してみましょう。

 

 買取相場を参考にした着物専門買取店のバイセルは着物の査定経験豊富な専門のスタッフがしっかり価値を確かめてくれます。 一部地域を除いて全国出張料金が無料、査定料、キャンセル料も無料で高く、早い買い取りを希望する多くの人が利用しています。ぜひ、相談してみてください。

© 2020 着物買取 おすすめ rss